一般社団法人SHOEHORN

2018.9-11_SHOEHORN_HEADLINE_NEWS

2018.9-11_SHOEHORN_HEADLINE_NEWS

2018年もあっという間に終わろうとしています。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

弊社はおかげさまで忙しく過ごしており、報告がしばらく空いてしまいました。3ヶ月ほどをまとめて報告さしあげます。

以上3つのトピックです。

1.短期雇用・職場体験

店舗のほうに5名(児童養護施設1名・自立援助ホーム2名・ハローワーク2名)の職場体験あるいは短期雇用を受け入れさせていただきました。また「くつべらマン」コンテンツの企画「プロにきく」で4名、「グッズ」のほうで1名関わってもらいました。

弊店での職場体験・短期雇用は、あくまで一時のスモールステップとしての認識ですが、定職へのステップへ進むペースは人それぞれ。生活費用捻出をはじめとした世間との折り合いから、マイペースではいかない苦しさを見かけます。あまり思い詰めず、細く長く関わらせていただく初心を重視しています。

写真は、ついに完成した「くつべらマンの靴べら」。価格は5400円と高値。売り上げの利益¥3000は「プロにきく」のインタビュー補助の日当にさせていただきます(さらに1000円は工賃)。やっぱり仕事として同行させたほうが、良い経験になっていると感じます。若者の短期雇用について、持ち出しをなるべく減らす取り組みです。ちなみにせっかく作ったので、ということで店舗では3240円で販売させていただく予定です。ぜひ購入ご検討ください。

2.渉外

私と店長が外で働いているせいもあると思うのですが、利害関係者である会社・組織さんが増えてきました。提携…というほどの仰々しい関係ではなく…良くしていただいている、という人対人のキャッチボールという感じです。社会人へのインタビュー/福祉的な目的のカフェ/飲食のケータリング/居場所支援などなど様々な文脈です。

大なり小なり必要とされ、社会の歯車であることを実感できる瞬間が多くなることは、ありがたいことです。その作用感を、若者に体験させてあげたいなと感じます。会社が自立することがまずは大切と、ひたむきにもうしばらく頑張ろうと思います。

 

3.その他

先日、地域のある福祉事業所のお祭りに「くつべらマン」が出演させていただきました。ショーデビューです。そこで働かれている、ある一人の方は、お店の常連さんです。「プロにきく」の取材を、職員さん方に受けていただいて….この企画をバックアップしてくださっているのは渋谷に会社を構える元同級生の方で….撮影スタッフは地域の青少年交流センターに通う若者と、むかしお世話になったソーシャルビジネスの会社の元同僚と、そのご友人で(しかも今度取材を受けてくださることに)…ご縁で年月が積み重なっていきます。

 

次のフェーズまであと4年!!みなさま良いお年を。

P.S.今年も年越し営業します。私もおりますので、気がむけばぜひ。

URL
TBURL
Return Top