くつべらマン

第5話「話をきいてやんよ!」

第5話「話をきいてやんよ!」

児童養護の現場では「自立支援計画」という、支援の計画を立てる工程が存在するよ。その中身に「信頼関係を育む」というフレーズが登場することがある。「話を聞く」その効果や効用は、誰もが己を振り返れば納得するものだと思うけれど、聞き手は誰でもいいってわけじゃない。もちろん、共感や受容に代表されるような「聞く」技術は山ほど存在するけれども、人と人の間には「関係性」がある。その感情的な合意は「プロならオールオッケー」っていう簡単なものじゃない。方法として一つ「話を聞く」を覚えたくつべらマンだけど、まだまだ配慮すべきキーワードは多い。がんばれ!まずはガラス代を弁償して誠意を見せるところからだね(代表)。

URL
TBURL
Return Top