くつべらマン

教材!くつべらマンの生活費

教材!くつべらマンの生活費

<解説「生活費とは」by保険会社勤務の方>

日常生活を送るために必要な費用(コスト・お金)のことです。これは個人や家族が、その生活水準を維持するのに、日々必要とする財・サービスを購入するための費用であり、生きるために不可欠な支出となります。  生活費は「固定費」と「変動費」の大きく2つに分けられます。

「固定費」とは住宅費(家賃、住宅ローン等)、公共料金(水道・電気・ガス等)、情報通信費(電話代、インターネット代等)、教育費(習い事や子どもの学校等)、税金・社会保険料、貯蓄(自分の将来やりたい事のためのお金等) などです。

「変動費」とは 食費、雑費(お小遣い、日用品等)、交通費、娯楽・交際費(趣味や冠婚葬祭等)、衣料費、医療費 などです。

以上の「固定費」「変動費」にかかるお金(支出)を自分が働いて稼ぐお金(収入)でまかなっていく必要があります。  自分が働いたら、毎月いくらくらいのお金をもらえるのか(収入)をしっかりと把握し、毎月いくらくらい生活費がかかるのか(支出)を理解して、計画をたてていくことがとても重要です。 その計画が出来ず、目の前の楽しいことを優先していると後々、お金の面で大変苦労してしまうことになります。

では、どうしたら上手に計画を立てることができるでしょうか? ポイントは、将来、どういったお金がかかるのかを予測、考えることです。例えば、家を借りる時には家賃以外にも、敷金や礼金がかかったり、2年以上住み続ける場合には、家賃とは別に更新料も必要になります。他には、看護師になりたいなと考えた時、学校にかかるお金だけでなく、勉強道具や学校までの交通費なども考える必要があります。自分がやりたいなと思うことを一歩深く突っ込んで考えて予測をすることが大事です。 例えば、1年後に6万円のiPadが欲しいなと思った時、おやつとか買い食いを我慢して、いつもよりもバイトを増やしたりして、お金を貯めた経験はありませんか?一歩深く考えると、1年後に6万円貯めるには、毎月5000円貯めていかないといけませんよね?本当に欲しいものや、やりたいことを実現するには、おやつとか買い食いを我慢=(支出を下げる)、バイトを増やす=(収入を上げる)事が必要になってきます。 ?僕は意思が弱いから、中々お金が貯められないよというそこの君。そういう時は、お金が取り出せないような貯金箱を使ったり、銀行口座を2つ作って、一つは引き出せないようにするなど、強制的にお金を使わないような自分にあった仕組みを作っていくと良いと思います。  自分が先々やりたいことにどれくらいのお金が必要なのか。そこから逆算して、先に貯めるお金を引き、残ったお金で生活をしていく習慣をつけることです。(収入‐貯蓄=生活費)  自分が送りたい生活をするためには、収入を上げるか、支出を下げるかの2つの方法しかありません。

それでは、頑張ってください!「STAY GOLD!」

(以上。ご解説ありがとうございました)

URL
TBURL
Return Top