一般社団法人SHOEHORN

青写真

拠点の更新期限まで1年くらいになりました。開業して1年半ほど。起業を決めてから3年くらいが経ちました。

いま作成中の報告誌ができれば、当時から思い描いていた最低限が終わります。

本当に運がよかった、と思います。どれもこれも関係者の方々のおかげ。当時とは異なる状況に、不思議な気持ちになります。

そして、自分の目指していた「機能」の姿が見えてきました。

①被支援者の若者を短期雇用すること。②「現場支援者」の方と「商売の経営者」の方が向かうあう経営のテーブルを用意すること。③店頭と店内に商品陳列スペースのあるカフェを拠点で持つこと。④私は児童福祉の支援現場に戻り、できれば民生員になること。

です。資本がないので、試すところまで行けるかわかりませんが、残りの1年は「その枠組み作りにシフトできるか」取り組む予定です。

子どもたちのために、というよりは関わってくださった(児童/若者に限らない)方々に「関わってよかった」と思っていただけるように努めたい、というのが率直な気持ちです。

いつ歯医者にいけるだろうか。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top